四百四病

人の病気はすべて合わせて四百四あると説く、四百四病と言う仏語があります。

人の体は、地・水・火・風の四つの要素から構成され、
この四つの要素の調和が失われると四大不調となって病気が起こり、
その四大それぞれに百一ずつ病気が起こり、合わせて四百四病と言う教えです。

体の不調は何時起こるか分かりません。
様々な病気のことを、知って、備えて、治してほしい。
そんな想いを込めたウェブサイトです。